自分がやめたジャグラーが次に座った人にすぐに当てられた・・・~悔しい気持ちは分かりますがこれは全く気にしなくて大丈夫です!!~

更新日:2020年7月17日(金) 11:42

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
にほんブログ村

パチンコ・パチスロランキング

自分がやめた台が、次の人が座ってからすぐに当てられるとなんだか悔しい気持ちになりますよね??

その気持ちは充分に分かります。

しかしこれは全く気にしなくて大丈夫です。

スロットの抽選の仕組みを理解すれば、それは仕方ないということが分かりますのでそれを紹介したいと思います。

スロットの抽選の仕組み

プログラミング

スロットの抽選方式ですが、一般的に乱数と呼ばれるものが使われています。

この乱数というのは65536個あると思ってください。

そしてスロットの抽選はどうなっているのか分かりやすくいうと、

1から65536まで書いてある紙を箱からひきます。

そのひいた紙に書いてある恩恵を受けます。

ひいたら箱に戻します。

それを毎回しているわけです。

レバーを叩く(65536個ある紙から1つひく)

各リールをとめる(番号による恩恵を受ける→はずれ、ベル、ボーナスなど)

全リールとめる(紙を戻す)

レバーを叩く(65536個ある紙から1つひく)・・・

これをずっと繰り返しているわけです。

そしてその紙に例えば

1~100→ビッグボーナス

101~200→レギュラーボ-ナス

201~1000→ベル

1001~2000→リプレイ

2001~2500→スイカ

その他→はずれ

みたいに書いてあってそれの恩恵を受けれるということです。

これに設定差があると

2001~3000→スイカ

みたいにするわけですね。

そして、毎回くじをひいてその都度戻しているので、前回に何番をひいたかは次に何番をひくかに全く影響しません。

最初に1番をひいて次にまた1番を引く確率も、最初に1番をひいて次に1000番を引く確率も同じ1/65536です。

あなたは1日打ちに行ったら何G回しますか?

仮に1日8000G回したら、だいたい8日に1回は同じ番号の紙を連続でひくのです。

そして世の中にはスロット台が100万台以上あります。

それらが1日100Gしか回ってなくてもトータルで1日1億G回っています。

1年で365億G回っています。

なのでぶっ飛んだ枚数出ている台があっても全然不思議ではありませんよね。

そんな中の数台がネットに取り上げられて裏物とか遠隔だと言われても・・・

ってなりませんか??(イミソーレは知りませんけどw)

スロットの抽選の仕組み~その2~

飛ぶ時計

「俺がやめたジャグラーがその後すぐに当てられた」

この気持ちは充分に分かります。

自分もやめた台の動向が全く気にならないかといえばそんなことありません。

しかし、自分が仮にその台を続けていたとして、全く同じ回数で当たるという根拠はありません。

あなたは他人と全く同じタイミングでレバーを叩けますか?

結論からいうと100%無理です。

さきほど言った乱数ですが65536個が機械の中でグルグルまわっています。

それをレバーを叩いたタイミングで乱数を1つ拾うのですが、そのタイミングは人間の反射神経をはるかに凌駕しています。

機械の中では65536個の乱数が1秒間に何周もしています。

1秒で約20周?くらいだったかな?

仮に1秒で1周としてもあなたは65536分の1秒を認識できますか?

できないですよね?

なのであなたがやめた台を次に座った人が1回転で当てたとしてもそれは完全にたまたまなので仕方ありません。

まぁ実際は100ちょい分の1でボーナスが当たるのでそこまでシビアではないですが、何番の紙にボーナスと書いてあるのか分からないので、あなたが仮に65536分の1秒を認識できたとしてもあまり意味がありません。

というのも大体のスロット台が、乱数が何周かすると当たりの乱数が変わってしまいます。

さっきは1~100→ビッグだったとしても、次は10001~10100→ビッグみたいになっています。

これは昔流行した体感機というものへの対策ですね。

実際にどの台がどういった対策をしているかまではさすがに知りませんがw(知っていたらそれで飯食える)

まぁこんな感じであなたがやめた台がすぐにカマほられても何も気にしなくて大丈夫です。

あなたが打ち続けていたとしても同じ展開になることは100%ありませんの安心してください。

あなたがその台を打ち続けていたら爆連していたかもしれませんし、1000以上はまっていたかもしれません。

結論としては打っていなかったことなので、どうなっていたかは未来永劫誰にも分からないのです。

そういったことに一喜一憂しないような立ち回り、スロットで勝つための方法をしっかりと身につけましょう。

そっちの方がピンポイントで乱数を狙うより圧倒的に簡単です。(当たり前)

スロットで勝っていくのは全然難しい事ではないですからね。

スロットでトータルマイナス=立ち回りもしくは考え方が間違っている

これだけです。

正しい立ち回り、考え方が分かればだれでも必ず勝てるようになります。

そして、それは全然難しい事ではありません。

最初の一歩は・・・

我慢

とでも言っておきましょうかw

期待値がある台がなかったら打たない

ほんとにこれだけです。

これをするだけで誰でも必ず勝てます。

なので期待値がある台がなかったら打たずに我慢して帰ることから始めてみてはどうでしょうか??

今回はここまでです。

最後まで読んで頂きありがとうございます!!

↓↓よかったら応援もお願いします↓↓

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
にほんブログ村

パチンコ・パチスロランキング

水掛け論

更新日:2020年7月17日(金) 11:42

コメントを残す

コメント

このページの先頭へ