緊急事態宣言から営業自粛している店舗が増えています!!何とか頑張ってほしい! ~でも強制や罰則をしない限り営業を続ける店舗は必ずある?!~

更新日:2020年4月28日(火) 05:17

全国的に休業もしくは時短営業しているパチンコ店が続出

折れ線グラフ

さて以前の記事の時点では(4月23日)29の都道府県で休業もしくは時短営業している店舗は6778店中なんと90%でしたが、今現段階(4月28日)で41都道府県で8081店中96.1%と増えてきています。

まだ全ての都道府県ではありませんが PACHINKO・SLOT でちゃう!PLUS 緊急事態宣言発令 パチンコホール臨時休業・時短営業一覧 に詳細がのっています。

こちらにのっている都道府県でも全ての店舗を調べているわけではないと思うのですが、全国的に休業もしくは時短営業をしている店舗が増えているのは事実です。

これからはどうなるのか?問題はGWをどう対応するかで・・・

悩む

あとはGW中にどういった対応をするかどうかですね。

それ以上となるとさすがにしびれを切らしてどこかの大手法人が営業再開しだすのでは?と思います。

そうすると他の法人も続々と営業再開していきそうなのでどうにか踏ん張ってほしいものです。

というのもパチンコホールも4月24日より公的融資の対象になりました。

公的融資の対象になったというのは、「個別の審査はありますが、日本政策金融公庫が扱う新型コロナウイルス感染症特別貸付セーフティネット貸付、その他の公的融資を受けやすくなった」とかそんな感じです。

まぁ全然意味が分かりませんけどね。

とりあえず国や地方から金利が低く返済の負担が少ない融資を受けれるぐらいと思って大丈夫でしょう。

自分のようなパチスロユーザー側からしたら細かい事は分かりませんし、詳細まで知る必要も特にないと思います。

つまりそういった融資が受けやすくなったので、できるだけGW中は営業を再開しないでほしいですね。

そんな中でも営業を続ける店舗は必ずある?!

営業中

国や地方がどれだけ自粛を要請しても、どれだけ公表しても営業を続ける店舗は出てくるでしょう。

それはどういった店舗かというと、

近々閉店する予定だった店舗です。

元々閉店する予定だった店舗からしたら罰則や強制がない限り営業を続けるでしょう。

まぁ閉店する予定があった店舗でもコロナを機に早めに閉店する・・・といった対応をするところも大手の法人とかだとあるとは思いますが、小さい法人や数店舗しかないところはあまり気にせずに営業を続けるのもまぁ仕方ないかなって思います。(いいとは思ってませんが・・・)

そして自粛要請や店名の公表によって風評被害やクレームが増えているところもあるでしょうが気にしていない店舗もあるでしょう。

ましてや閉店する予定でこれからも自粛する予定のなかった店舗には店名の公表は逆効果になる場合もあります。

あんな全国的に公表すると地元だけでなく他県からもお客さんが来店しますからね。

一部の方には効果があると思いますが、遠方から来店する方も増えるのでコロナの感染という目線でみるとリスクはあがりますね。

かといってどういった対応がいいのかと言われると自分には分かりません。

自分にできることは不要不急の外出を控えるということだけです。

以前も言いましたが、パチンコ店が営業してても行かなければいいだけです。

これを見てくれているみなさん、ここは全員で我慢しましょう!!

周りでパチンコ店に行っている方がいれば声をかけましょう!!

いつになるか分かりませんが落ち着いたら周りを気にせずに思う存分打ちましょう!!(飲みましょうも)

引き続き全員で協力をお願いします!!

今回はここまでです。

最後まで読んで頂きありがとうございます!

↓よかったら応援もよろしくお願いします!!↓


パチンコ・パチスロランキング
にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
にほんブログ村

お願い

更新日:2020年4月28日(火) 05:17

コメントを残す

コメント

このページの先頭へ