A氏が語る!! パチンコ店におけるサクラのバイトの話 ~信じるか信じないかはホール次第です~

更新日:2020年3月25日(水) 11:58

そもそもサクラって??

桜 つぼみ
パチンコ店におけるサクラとは、まぁ簡単にいいますと店もしくは店の関係者から高設定等の情報を教えてもらいそれの対価を払う。

店「150番が設定6ですよ」

客「ありがとう、はいお礼の1万円」

こんな感じです。

細かく分けると何種類かありますが、その内のいくつかをどっかの誰かが十数年前に体験したことがあるそうなので、あたかも自分が体験したかのように話していきたいと思います。

1店舗目 U店 店長からの㊙メール~みんなには内緒だよ~

兵隊

ここでのサクラは店の店長か副店長からの設定漏洩。

まぁいわゆる小遣い稼ぎってやつですね。

サクラの中ではこのパターンが1番多いと思います。多分だけど。

親がいて自分は兵隊

兵隊は少ない日で5人くらい。

多い日は10人くらいだったかなー。

この店は県内ですがかなり遠かったです。

高速使って1時間半くらいかかります。

まず親に何日か前に連絡が来ます。

〇月△日のイベントに大量に設定6が入ります。とか来るのかな?

さすがに自分は兵隊なので電話なのかメールなのかは分かりませんが。

それから親は兵隊を探します。

その親は友達の兄だったので、自分なんかにもお誘いが来るわけです。

あとは自分も探したりしていました。

一人呼べばいくらか手当てがありました。

2~3千円とかだったかな?

そして当日に車2~3台で行くわけですが、まず集合場所でだいたい一人あたり軍資金として5万円を渡されます。

車内で渡すパターンもありましたがほとんどの場合は集合場所で渡されていました。

ちなみのこの5万円には昼食代として千円が入っていました。

なので実際には軍資金は4万9千円ですね。

そして目的地のパチンコ店に向かうのですがそのパチンコ店に直行しません。

全員バラバラに降ります

最寄りのコンビニ、バス停、駅、近くの止めやすい路上などなど。

これは同じグループが全員アホほど出していたら怪しまれるからですね。

そして抽選は普通に受けます。抽選の操作はありませんでした。

まぁ座れなくなるほどの人はいないですし大型店舗だったので打つことができない!!ってことになった事はありませんでした。

もちろん他の兵隊もそういったことになることはありませんでした。

そして抽選が終わるとこんな親からメールが来ます。

北斗の拳
設定6 設定5
101 99
105 103
106 107
112 108
114 118
116 119
122
124
129
吉宗
設定6 設定5
151 152
155 156
160 157
161 165
163
ジャグラー
設定6 設定5
10
11 19
12 21
18 25
銭形
設定6 設定5
181 184
183 187
185

表にしましたが実際は長い文章であんな感じのメールがスロットの全機種分来ます。

何故抽選が終わってからかといいますと並んでいる時に周りに見られないようにするためだそうです。

横の方がもし画面をのぞき込んで

「ん?設定6とか書いてあるぞ。なんだこいつ?」

とかなったら大変ですからね。

目的の台へ走らず急ぐ

そして自分の抽選番号に見合った台を確保します。

基本的には全員が北斗の島に直行です。

機械割が119%ちょいあって万枚も出るし安定感もあるしで取り合いでしたねー。

もちろん一般のお客さんもまずは北斗の島へ。

次いで吉宗や銭形、南国娘?育ち?や黄門ちゃまやサブちゃんやジャグラーTMとかに行っていました。

そして

北斗の〇番台に座りました。

といった感じの報告を親にメールをします。

そして後は時間の限りブン回す!!

昼食をとるかとらないかは決まってなく、そこは個人の判断でした。

昼食をとらなくても千円を返す必要はなかったのでだいだいみんな食べずにブン回していましたね。

苦学生ばかりでしたので千円も大事だったのでしょう。

設定6なのにお金がなくなった・・・

軍資金がショートすると親に連絡します。

「兵隊Aからもらって」

みたいに返事がきていましたね。

そしてトイレの個室に並びで入って個室の上か下からお金がスーッッと届きますw

そして再び戦場へ。

一方そのころ親は・・・

親は何もしていません。打つことは断じてありません

1度地元に帰るか違うホールの駐車場で寝てたり、ネカフェで時間を潰していたりしていました。

何で打たないかは知りませんが面倒くさかったのでしょうか?

自分も打てばそれだけ収支に繋がるんですけどね。

一方そのころ兵隊は・・・

そしてだいたい9時くらいをすぎるとキリのいいところ兵隊達がやめていきます。

これは完全に自己判断でオッケーでした。

そしてやめるときは必ず親に連絡をします

そして流したコインのレシートを必ず写メします

これは不正にコインをとらないように予防していたのではと思います。

親は夜の8時過ぎくらいにホールに来て待機しています。

そして朝と同じようにホールで兵隊を拾うことはなくバラバラで拾っていきます

そして皆お待ちかねの給料タイム!!

給料ですが基本的に歩合制で勝てば勝つほど多くもらえます。

ですがどんなに負けても昼食代込みで1万5千だったかな?

その分は必ずもらえます。

あとはプラス差枚の2割くらいを1万5千に上乗せしてくれます。

10万勝ちなら3万5千くらいもらえます。

くらいといったのは全員のトータルプラスが多いともう少し増えて、トータルプラスが少ないと少し減ります。

10万勝ちですと3万~4万といった感じです。

ですが当時の台は万枚出ることも結構あったので1日で5~6万もらえるといったこともよくありました。

自分は最高でもらったのが7万くらいだったかな?

そして地元に帰り親の弟が兵隊を送っていき終了です。

疲れているのに弟君かわいそう・・・って話ですね。

ここは10回くらい行きました。

2店舗目 M店 勝てば天国負ければ地獄

司令官

今度は自分が親

といっても兵隊はいませんが。

知り合いが主任をしていて設定が書いてある帳簿(呼び方はしりません)を店長から見せてもらい番号を覚えて自分に知らせてくる、といったパターンです。

なので前日の夜に連絡がきたり当日の朝にいきなり連絡がきたりします。

「312 343 355 371 421が設定6やぞ!!来れる??」

ほんとこんな内容でしたw

そして行く旨を伝えると

「ファイト!!」

みたいな返事がきます。

他人事かっ!!

ってのは置いといて。

いざホールへ

そのホールは車で30分くらい。

駅も目の前にあるので自分は電車で行っていました。

パチンコ、スロット合わせて500台くらいの店で抽選参加人数は多くて100人いなくてだいたい50人くらいでした。

なので教えてもらった台に座れないことはありませんでした。

あとはその台に座り頑張って打つだけです。

軍資金は向こうは出さない

勝ったら折半、負けたら自腹(チーン)。

まぁ機械割115%以上の台しかほとんど打ってなかったので自分の取り分は平均で3~4万くらいあったので問題はなかったですけど。

思い出の雷蔵伝ってのがありまして・・・

雷蔵伝

そしてその店で最後に打ったのが雷蔵伝という台なのですがそれに座り(もちろん設定6)15時くらいまでに8万くらい負けたことがありますw

数値は曖昧ですが設定6だと640ゲームまでに約90%くらいで当たるのですが、その640ゲームを3回連続で越えてしまい、おまけにスーパービッグをひけず、なおかつビッグ中のJACハズレもひけずと散々だったことがありました。

そりゃ負けますよね。

もちろんその台は設定6。

その知り合いも嘘をいう必要もありませんからね。

そしてそんな挙動の台をそこまでお金を入れて打ったので店から怪しまれると思いそこからは行かなくなりました。

その後の知り合いはというと

知り合いも別の人を雇ったそうです。

というのもその知り合いはまぁすこぶるギャンブルが下手くそで、そろそろ波がくる!!とか言って吉宗をブン回したり根拠のない持論で立ち回りをしていました。

そりゃお金もなくなりますよ。

後から聞いた話だと自分のあとのサクラの後任者が複数名いたらしく、自分の後の2~3人目からは帳簿(呼び方はしりません)をみることもなく朝一で出勤して勝手に台をあけ設定キーを差し込み設定を確認していたそうです。

そしてその情報を流していたとのこと。

でも設定キーを持っているということは設定を知れる立場なのでは??って思うんですけど違うのかな?

その辺は店によって違うのでしょうかね??

まぁもちろんそんなことしてたら店に監視カメラがあるわけですぐにばれますよね。

どんなペナルティがあったかまでは知りませんがもちろん1発解雇になったそうです。

自分って年上からはモテるんですよ

そーいえば普段その店に行くことはないのですが、ほとんど勝っていたので(そりゃそうだ)ある時からおじさんやおばさんからよく声をかけられていました。

「兄ちゃんいっつも勝ってるね!!私にもわけてよー」

「ちょっと兄ちゃん!!今日はどこがあついの?」

「今日は〇を打とうと思いよるけど何番がいい?」とか

そして自分が打つことがまずない台は全部教えていましたねw

「今日は〇より△のがいいと思うよ!!」

「〇なら角よりこっちのがいいと思うよ!!」とかですね。

そういったこともありましたし、その店はプロも軍団もいなかったのでお客さんからサクラと疑われることはありませんでした。

年齢層もかなり高かったのでそれも疑われなかったことと繋がるのかな??

そして行くたびにコーヒーを2~3本もらっていましたw

「この間兄ちゃんの言った台で勝ったけほらこれでも飲み!!」

と飲めないブラックコーヒー(舌が子ども)を押し売りされていましたねー。

おばさんにはモテるんです・・・って話ですね。

ここは結構行きましたね。20回以上は行っているかな?

3店舗目 E店 〇ンピラのおじさんに絡まれる?!

握手

こんな仕事があるのですがどうでしょうか??

今度は親とか兵隊とかではなく完全に店側からの依頼です。

これこそサクラっていうのかな??

上の2つはどっちかというと打ち子って表現の方が正しいのかもしれません。

この店舗はパチンコ、スロット合わせて300台ないくらいの小さな店です。

同じくらいの規模の姉妹店が県内に2~3店舗あったらしいのですがどこにあったのかまでは知りません。

この店でサクラをするようになった経緯は、ある日この店の近くのパチンコ屋で打っていて夕方過ぎくらいに帰ろうとしたら駐車場でおじさんな話かけれました。

「すいません、ちょっと話したいことがあるんですけど・・・」

みたいな感じだったかな??

そのおじさんの見た目なんですが、見たことないメーカーのジャージを上下着ていて短髪角刈りと、田舎のパチンコ屋によくいる〇ンピラみたいな感じでした。

(うわぁ、自分何かやらかしたかなぁ・・・)

と思いながらおそるおそる

「はい?何かありましたか?」と返事をしました。

見た目こそ〇ンピラのおじさんは話し方はすごく丁寧で

「実は私はこの近くのE店の店長をやっていまして、ちょっと頼みたいことがあるのですが少しお時間よろしいでしょうか??」

みたいに低姿勢だった。

今思えば逆に怖い感じもするが当時の自分は20歳くらいで血気盛んな年齢だ。

1人でスロットを打っていてそこそこ勝っていたのでそりゃ目立つわけで変なやつにからまれたことも何回もあった。

そんな修羅場をくぐってきたのだから、たかが40~50くらいのおじさん1人。

何かあったら全力で逃げればいいと思って相手をした。(からまれたら基本ダッシュでしのいできた)

「話しとは?店長さんが自分に何か用ですか??」

「実はですね・・・」

そして駐車場ではあれなのでということで近くのコンビニの前まで行き説明が始まった。

契約内容がこちら!!

その話の内容を要約すると

・店の経営があまりよろしくない

・色々な宣伝や広告を出したがあまり効果はなかった

・色々な策を講じたがだめだったので最終候補にあがった1つとしてサクラを雇ってみようということになった

・しかしサクラを雇うにはかなりのリスクがあり営業停止や風評被害にも繋がる可能性があるとのこと

・そこで誰を雇うかは責任の兼ね合いで店長の一任ということになった

とまぁこんな感じです。

そうなんですねーみたいに適当に返事をしていた。

そして店長が自分を選んだ理由が

・店とは全くの無関係者

・20~30歳くらいの男性

・立ち回りがしっかりしていそうな人

とかだったかな。もう少し何かあった気がしますがこんな感じです。

「いやぁ私もどんな人がいいか悩みまして~」

とか言っていたが最後のは言わない方がよかったのでは?w

そして店長は近くの店を何日かうろうろして自分を見つけたそうだ。

自分は当時は手帳で据え置きっぽいとか変更っぽいとかメモをしながら島内を歩いていたのでそこが気になって声をかけたとのこと。

そして色々と説明があってからサクラのバイトをしてみませんか?と持ち掛けてきた。

その条件が

・口外しないこと(当たり前)

・依頼する日以外は絶対にその店に行かない

・日当は2万円

・19時以降はいつ帰ってもいい

・軍資金は自腹

・来店したら全体を見回りデータや出目をとるふりをする

・帰る前も全体を見回りデータをとるふりをする

・依頼の翌日以降に連絡があり依頼した日の清算をどこかで待ち合わせして行う

とまぁ覚えてるのはこんな感じです。

データをとるふりというのは適当に台番とボーナス回数とか出目をメモしてればオッケーでした。

清算ですが例えば2万使って5万換金したら3万勝ちなので日当の2万より1万多いので1万を返金する。

逆に3万負けたら日当は2万なので5万もらえる。

といったやり取りをします。

契約成立!!

「口外するつもりはないですが、とりあえず1回してみて色々と面倒くさそうだったらそれっきりで終わってもいいですか?」

と自分は返事をした。

向こうもそれで大丈夫と了承してくれた。

少し怖かったが興味があったのでまぁ1回くらいならしてみようと思った。

そして名前はお互い名乗らず番号を聞いてその日は解散した。

それから数日して

「〇月△日に来れますか?」と連絡があった。

行けると返事をすると

「では〇番台を打ってください」と言われた。

そして緊張の当日・・・おじさんは??

かなり緊張しながらその店へ。

そして20~30人くらいで抽選を受ける。(おじさんいない)

整列する。(おじさんいない)

入場する。(おじさんいない)

台(確かジャグラー)に座り店内を見回るふりをする。(おじさんいない)

とりあえず打ち始める。(おじさんいない)

11時(おじさんいない)

12時(おじさんいない)

13時(おじさんいない)

・・・・

おじさんいないよおおおおおお

これはあれか?やられたのか?にしてもおじさんにメリットがないぞ?自分をだまして何の得がある?確かにこのジャグラーは高設定っぽい。確信はないが。変更判別をしたら確かに変更はしていると思う。だがしかしおじさんはどこだ?どこかで見ているのか?あれか?あのカメラかっ!!あれで画面越しに高笑いしているのか!!バカが騙されよって~みたいに思っているのか?おじさんめ!!だが待てよ。それで自分が口外したら大変なことになる。ってことはおじさんにメリットはない。ならおじさんはどこだ?あれ?まさか産業スパイか!他店がこの店を潰しにきているのか?そして自分は店同士の争いに巻き込まれているのか?いやそうなら自分は悪くないぞ!!騙されたんだ!!経緯を説明したら分かってくれるのか?というか警察沙汰か?あれ?どうしたらいいんだよ。何罪になるんだ?詐欺罪?横領?ちょっとどうしたらいいんだ?得意のダッシュで逃げるか?いやさすがに警察からは逃げれないな。正直に話したらセーフか?それとも知らなかったでは済まされないのか?面倒事は勘弁してくれよ・・・

あっおじさんいた。

おじさああああああああん!!

遅出なら先に教えてほしいもんですよね。

そして20時くらいまで打ちデータをとるふりをして帰宅。

後日清算。

数日後再び連絡があり以下同じ。

何かあったら全力で逃げろ・・・って話ですね。

ここは3回くらいしか行っていません。

あなたの身近にもサクラは存在するとかしないとか・・・

謝罪

長々と失礼しました。

なお上記の話は十数年前のことで3店舗は全て撤退、もしくは倒産したとA氏は語っていました。

また十数年前のことなので多少違う点もあるだろうとのこと。

さて昨今も何かあれば

「あいつはサクラだ!!」

「あの店は遠隔している!!」

とネット等で言われていますが今の時代サクラも遠隔も絶滅危惧種と思います。

というか別にサクラがいても遠隔があっても別にいいんですけどね。

ちゃんと勝てる方は勝てるわけなので。

結局は負けている方の言い訳にしかならないと思います。

サクラ、サクラと言うあなたの目の前にウメえ台が落ちていますよ・・・

梅

お後がよろしいようで。

今回はここまでです。
大変長い妄想にお付き合いしてもらいありがとうございます。


パチンコ・パチスロランキング
にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
にほんブログ村

更新日:2020年3月25日(水) 11:58

コメントを残す

コメント

このページの先頭へ