パチンコ店の閉店(倒産)は突然に・・・~事前告知ないver~

更新日:2020年7月12日(日) 11:50

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
にほんブログ村

パチンコ・パチスロランキング

コロナの影響でパチンコ店が倒産

倒産

今年度のパチンコ店の倒産数が5月までに12件あり前年度の2倍とのことです。

自分の地元では倒産したパチンコ店はない。

まぁ単純に自分が知らないだけの可能性もありますけどね。

ちなみに倒産した12件の内コロナの影響があるといわれているのは3件なので、色々なメディアから予想されていたよりは少ないのではないでしょうか??

日本全国で1万近いパチンコ店があってその内の3件だとしたら、一般企業のほうがもっと倒産している気がしますがどうなんですかね?

いってもパチンコ店はある程度の財力がないとそもそも建てることすらできないので、もともとの資産もそれなりにあるんだと思います。

もちろんそれなりに出費も多いですけどね。

小さなお店を経営している個人事業主に比べたらパチンコ業界はまだましなほうだったと思います。

さて前置きが長くなりましたが、自分も長年スロットをしているのでもちろん閉店(倒産)したパチンコ店はいくつも見てきました。

その中で1番驚いたパターンの話をしたいと思います。

閉店は突然に?!

突然の倒産

まずはそのパチンコ店の説明を軽く

今から10数年前の話しです。

当時の自分はスロットだけの収支で生活していました。

月の収入が25日打ちに行って平均50万くらいだったので、当時のスロットのみで生活している方の中では全然多いほうであはありませんでした。

あの頃は月に100万いじょう稼いでいる方がたくさんいましたからね。

4号機が全盛期の頃です。

初代北斗の拳とか吉宗とかが出だした頃ですかな。

そしてその時によく通っていたパチンコ店は

スーパー閑散店w

地元では大きい駅の近くにあるというのに、近隣にある他店に完全にくわれていました。

稼働率は多い日で2割くらいで基本的には島に1人か2人かとかそれくらいでした。

どうやって経営が成り立っていたのかというと、母体がそこそこ大きいらしく(パチンコ業界ではない)いわゆる税金逃れみたいな感じだったそうです。

だったそうですというのは当時の店長から聞いたことがあるからです。

では何故そんなパチンコ店でどうやって勝っていたのかというと理由が2つあります。

・メルマガでの高設定示唆が丸わかり

店長が知り合いw

まずメルマガでの示唆ですが、このころよくあった示唆が

「明日はエビアン祭りしちゃいます!!対象機種はどこかな~??巨人の星、ボンバーパワフル、主役は銭形、ジャグラーTMのどこかかも?!」

といったようなメールが来るのです。

エビアンというのはみなさんご存知のミネラルウォーターのあれです。

それが何の示唆かというと・・・

エビとアンコウ

こういうことなんですw

お分かりですよねw

設定5と6の示唆なんです。

実際当時はエビアン示唆は色々なパチンコ店でやっていました。

他には武蔵対小次郎とかもよくありましたねー。

武蔵(634)対小次郎(526)ってことなんですけど、島の背中合わせで片一方の列には武蔵のポップをして、もう片方の列には小次郎のポップをしてみたいな感じです。

まぁそんな感じで当時は設定の示唆が簡単だったのですがそれに加えて自分が行っていたパチンコ店は設定変更対策が全くされてなかったのです。

例えば巨人の星は設定変更するとランプが消えているままの場所があるのです。

1G回したら点灯するのですがそれが朝一消えていたら設定変更したということです。

1~2台だけだったらダメですが巨人の星の全台がそのランプが消えていたらどうでしょうか?

後は時間の限り打つだけですねw

そして理由のもう1つの店長が知り合い(よく一緒に打ちに行っていた先輩の同級生)だったのです。

どういうことかというと

明日は北斗があついよ(ボソッ)

ってことです。

まぁつまり完全にアウトなわけですよw

ほら、これ以上はピーが入るので察してくださいw

では何でそんな店なのに客が少なかったのか??

これには自分が思う理由が2つあります。

・店内が汚い

・交換率が悪い

まず、店内が汚いとはまさしくその通りです。

というか従業員が劇的に少ないのです。

自分が見たことある店員は店長含めて4人しかいません。

いいですか??大事なことなのでもう1度言います。

4人ですよ

確かにそんな大きい店ではありませんでした。

パチンコ、スロット合わせて200台もなかったと思います。

にしても4人ですよ?!!

4人でシフトを回していたんですよ?

いくら客がいないとはいえそりゃ汚くもなりますよ。

日本初の灰皿セルフ交換のパチンコ店じゃないでしょうか??

トイレットペーパーがないとか日常茶飯事です。

というかトイレは別の店に行ってましたけど。(何回も言うけどまじで汚かった)

そしてもう1つの交換率の悪さですが、当時の自分の地元では等価交換~5.5枚交換が主流でした。

しかしその店は泣く子も黙る6.5枚交換

そりゃ客来ねえって店長。

まぁあなたが決めれるわけではないんですけどね。

そんなこともあって客足は壊滅的でしたね。

いわゆるプロといわれていた方達も他にいい店がありますからね。

そっちに行きますわな。

でも自分は今でもですが設定狙いが上手なほうではなかったのでライバルのいないこの店によく打ちに行っていました。

そしてその日は突然に・・・

まさかのこのタイミングで?!

その日もいつものようにそのパチンコ店に向かっていました。

前日にエビアンだったか何だったかの示唆のメールが来たのです。

先ほど店長の知り合いといった先輩に連絡をして駅で待ち合わせをし、合流してからその店に向かいました。

道中に送られてきたメールを再チェックします。

前日の夜(23時くらい)と当日の朝(8時30分くらい)にメールが来るのですが、どちらも基本的には同じ内容です。

こんばんはとおはようございますの違いくらいです。

というかこのメルマガに登録してるの世界で自分と先輩だけだったのでは?と今さら思います。

そしてスーパー閑散の店のくせに抽選は毎日あります。

まぁいつも5人以下ですけど。

2桁並んでる所とか見たことありません。

そして真面目な自分たちはちゃんと抽選時間に間に合うようにその店に着きます。

到着した時間は抽選5分前くらいで自分と先輩しかいませんでした。

珍しいねー

とか

まぁこの店だしw

みたいな話をしながら抽選まで待つことに。

しかし抽選時間になっても店員が出てきません。

そしてあることに気付きました。

店内のブラインドが下りていません。

というか店内の電気が点いていません。

えっ?えっ?

と自分と先輩でキョロキョロ位店内を覗きます。

中は薄暗くよく見えません。

そして違う入り口によく見るとこんな張り紙が・・・

閉店の張り紙

朝のメールは何だったのおおおおぉぉぉぉぉ

違うパチンコ店に行き今度は2人が倒産しましたとさ。

今回はここまでです。

最後まで読んで頂きありがとうございます!!

↓↓よろしかったら応援もお願いします!!↓↓

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
にほんブログ村

パチンコ・パチスロランキング

船頭多くして船山に上る

更新日:2020年7月12日(日) 11:50

コメントを残す

コメント

このページの先頭へ